自動外観検査



  



  TOKIWAでは、機械を製作する際にご要望を重視するのはもちろん、企業ごとの製作品を考え、最適な機械を

  提案・開発しています。品質・生産性ともにご満足いただけるように、日々技術向上に努めています。製作現場

  の設備投資や機械の改造をお考えの企業様は、どうぞお気軽にご相談ください。





人件費削減・コストダウン


  通常検査には通常たくさんの人を必要としますが、自動化することで目視の人員を削減でき、結果的に製品のコストダウンに繋がります。

  また、検査工程の自動化によって、製品を生産から箱詰めまでを完全自動化することが可能になります。


● 品質の安定


  人による目視の検査は優れていますが、人や検査時間によって判断基準がばらついてしまいます。

  しかし、検査の自動化を行えば、すべてのワークを同じ基準で検査できるため、安定した品質を実現できます。


● ヒューマンエラーゼロ


  自動化された検査では、NG品は確実に分けられるため、ヒューマンエラーがなくなります。

  このことによって、NG品混入によるクレームがなくなります。


● NG発生原因の特定・トレーサビりティ

  検査の自動化では、NG品の画像を保存することができます。

  検査後に画像を見返し、NGの傾向をつかむことで、発生原因を特定して不良率低下に繋がります。

  また、すべての検査画像を保存することでトレーサビリティに役立てることもできます。







   




    チューブ測定器
    錠剤判別検査機

    医療機器部品等の機械加工





前に戻る