BLOG

ブログ

ブログ
2021.09.06 自動化・省人化

あきらめていたあの検査も!トキワの検査工程自動化

こんにちは。常盤産業 ブログ担当の田中です。

本日は弊社で行っている、検査工程の自動化についてご紹介いたします。

製品の外観検査など、まだまだヒトの目で行っている企業様や、一度検査の自動化に取り組んでみたものの、なかなか難しく採用に至っていない、という企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方は是非一度、常盤産業へご相談ください。

常盤産業の検査の自動化は、検査工程の省人化や個人差によるムラを無くすことはもちろん、下記のような特徴があります。

トレサビリティが取れる
 ワーク一つ一つの判定データを残して、納入先からの信頼も得られます。


装置化を全部おまかせ
 ライン構想や作業の自動化のノウハウもある為、画像機器の選定のみでなく、前後工程まで一括提案できます。


幅広い解決手段
 ワークの特性や条件に合わせて、カメラや照明を選定し、必要に応じてAIの使用やオリジナルソフトの作成も行います。

 カメラや照明などの選定のための実験イメージ

弊社では検査自動化のノウハウを長年蓄積しており、他社様では断られてしまった鋳物や塗装面、光沢ワークや大型ワークでの検出にも成功しております。
作業性やタクトタイム、既にあるカメラの活用など、お客様ごとのご要望にあわせて提案いたします。

専任スタッフが対応いたしますので、是非一度お問合せください。
ワークをご準備いただけましたら社内で検証可能です!

お問合せはお電話(052-331-3139) またはお問合せページから担当:山岡へお願い致します。オンライン商談も可能です。オンライン商談について

ARCHIVE