BLOG

ブログ

ブログ
2020.08.28 感染症対策ファシリティ

とっても重要!アクリルスクリーンの高さについて

こんにちは。常盤産業のファシリティ担当田中です。

 

今回は以前ご紹介させていただきました、
感染症対策の飛沫防止用アクリルスクリーンについて、
驚きのニュースを見つけたためご紹介させていただきます。

 

朝日新聞デジタルを読んでいたら、興味深い記事を発見いたしました。
なんと、せっかく飛沫防止用のスクリーンを用意していても、
床から120cm程度、つまり座った人間の頭が出る高さでは
飛沫がスクリーンを乗り越えて正面、斜め、横の人にかかってしまうのだそうです。

 

しかし、床から140cm程度、つまり座った人間の頭までしっかりと隠れる高さがあれば
飛沫は周囲の人間にはほぼかからないようです。

 

一般的な机の高さはおおむね70cmで作られておりますので、
床から140cm以上にするには70cm以上のスクリーンがあれば安心ですね。

 

そこで、某大手ショッピングサイトで市販のアクリルスクリーンの高さをリサーチしてみました。

 

なんと、ほとんどの製品が45~60cm程度の高さしかありませんでした。
これではせっかく設置しても効果が薄いかもしれません…。

 

弊社ではこちらのブログでご紹介の通り、
大変透明度の高いアクリルスクリーンをお客様のご要望の寸法で販売しております。

 https://www.tokiwa-group.co.jp/blog/post-1746/

今から飛沫防止スクリーンの購入をお考えの方は是非、
しっかりと高さをとったオーダーメイド品を弊社にご相談ください!
机の大きさにあっていて、安心の高さ寸法のアクリルスクリーンをお届けいたします。

 

 

 

常盤産業ファシリティ担当田中までお問い合わせください!
オンライン商談にも対応できます。

 

参考 朝日新聞デジタル 

 https://www.asahi.com/articles/ASN636TPJN63PLBJ003.html

ARCHIVE